SponsoredLink

森永乳業のラクトフェリンがお勧め

森永乳業のラクトフェリンは文部科学大臣賞を受賞し、製造技術の特許を取得しており、今話題を呼んでいます。


ラクトフェリンはビフィズス菌を増やす多機能たんぱく質で、毎日の健康維持に非常にお勧めです。


森永乳業のラクトフェリンは、「初乳」を高純度のまま取り出して飲みやすい粒状にしており、一日6粒程度を摂取すればいいのですが、牛乳成分の為牛乳アレルギーの方はお勧めできませんので注意してください。


もともとラクトフェリンは哺乳類の初乳に豊富含まれており、その中でも最も多く含まれているのがヒトの母乳であるということです。ですから生まれたばかりの赤ちゃんにとっては病気を守ってくれる重要な成分
という事になりますね。


ラクトフェリンは日本がん学会や日本肝臓学会、日本ヘリコバクター学会などにも注目されており、日本のみならず世界的にも注目されており、2年毎にラクトフェリン国際会議が開かれるほどになっていますので、これからも世界的な研究がますます盛んになっていくでしょう。


森永乳業の取り組みは、熱に弱い性質の為抽出が困難とされていたラクトフェリンを、いかにして高い純度で抽出し品質を保持するかという事と、変性しない殺菌技術を研究した結果、ついに成功し1986年に世界で初めて製品として発売されたのです。


森永乳業のラクトフェリンは免疫力を高めるので、老若男女問わずお勧めできる体にやさしい健康食品ですね。

ラクトフェリンのハードカプセル食品

(株)自然共生中部が販売しているラクトフェリン利用食品は、無添加で高純度のラクトフェリンを使用し、主要成分100%のハードカプセルタイプの健康食品です。


従来のソフトカプセルタイプは、主要成分が30%程度で残りの70%は油分であったことを考えるとハードカプセルタイプのラクトフェリンがいかに品質が高いかわかりますよね。


森永乳業製のラクトフェリンを原料とし、無添加製法で防腐剤や着色料、安定剤を一切使用してないので、高純度でどなたでも安心して召し上がれる食品となっています。


ラクトフェリンとは、今世界的に研究が進められている哺乳類の初乳、特に出産後3日経過した人間の母乳に最も多く含まれている、身体を守る様々な成分が含まれている物質で、マスコミでも注目されて話題となっています。


ラクトフェリンは、もともと人間の体内の液体、つまり乳や唾液などに含まれている天然成分ですので安全性に問題はなく、安心してお召し上がれます。


またラクトフェリンの原料がBSE(牛海綿状脳症)との関連についても、英国のBSE諮問委員会の実験の結果、牛乳や乳製品からは感染しないことがわかっており、農水省およびWHOにおいてもその安全性が認められています。


ラクトフェリンハードカプセルの召し上がり方としては、一日に2〜9カプセルが目安のようです。


毎日の健康維持と健康改善のためにラクトフェリンのハードカプセルタイプは如何でしょうか?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。