SponsoredLink

ラクトフェリンとはカテゴリの記事一覧

ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンは、1939年に牛乳から発見された別目「免疫ミルク」と呼ばれているもので、出産3日以内の初乳に多く含まれており、健康維持のための免疫機能高める物質として今大きな注目を浴びています。


ラクトフェリンは鉄分を運び、腸からの鉄分吸収を強める効果などがあり、貧血の予防や改善に効果的とされています。


ラクトフェリンのその他の効果としてアレルギーの予防、ピロリ菌の抑制の効果があり、またC型肝炎の治療薬にも使われています。


では実際にラクトフェリンを日常生活の中でどうやって摂取したらよいか考えてみましょう。


ラクトフェリンは熱に弱いことがわかっています。ですから加熱殺菌をした乳製品からの摂取は殆ど無理だと思っていいでしょう。


しかし最近になって、ラクトフェリンの含まれた加熱乳製品も出てきているようですので、一概に摂取できないともいえません。


ラクトフェリンを摂取するのに一番お手軽なのは、栄養補助食品などのサプリメントから摂るのが望ましいかと思われます。


ラクトフェリンはペットなどにもその効果は有効で、人間だけではないようです。


貧血気味の方や胃の調子が悪い方、アレルギー体質、妊娠中の奥様や高齢者の方など、ラクトフェリンはいろいろな方にお勧めです。


特にアレルギーは現代病の中でも厄介な病気なので、苦しんでいる方は特にお勧めしたいですね。


ラクトフェリンの副作用についてですが、人間の体に存在している成分なので問題は無いということですが、乳製品アレルギーなどの、乳製品が合わない方は、医師に相談されてからのほうがよいと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。