SponsoredLink

森永乳業のラクトフェリンがお勧め

森永乳業のラクトフェリンは文部科学大臣賞を受賞し、製造技術の特許を取得しており、今話題を呼んでいます。


ラクトフェリンはビフィズス菌を増やす多機能たんぱく質で、毎日の健康維持に非常にお勧めです。


森永乳業のラクトフェリンは、「初乳」を高純度のまま取り出して飲みやすい粒状にしており、一日6粒程度を摂取すればいいのですが、牛乳成分の為牛乳アレルギーの方はお勧めできませんので注意してください。


もともとラクトフェリンは哺乳類の初乳に豊富含まれており、その中でも最も多く含まれているのがヒトの母乳であるということです。ですから生まれたばかりの赤ちゃんにとっては病気を守ってくれる重要な成分
という事になりますね。


ラクトフェリンは日本がん学会や日本肝臓学会、日本ヘリコバクター学会などにも注目されており、日本のみならず世界的にも注目されており、2年毎にラクトフェリン国際会議が開かれるほどになっていますので、これからも世界的な研究がますます盛んになっていくでしょう。


森永乳業の取り組みは、熱に弱い性質の為抽出が困難とされていたラクトフェリンを、いかにして高い純度で抽出し品質を保持するかという事と、変性しない殺菌技術を研究した結果、ついに成功し1986年に世界で初めて製品として発売されたのです。


森永乳業のラクトフェリンは免疫力を高めるので、老若男女問わずお勧めできる体にやさしい健康食品ですね。

ラクトフェリンで美しい肌に

今注目されているラクトフェインをご存知ですか?


ラクトフェリンは美容や健康に非常に効果的であることがわかっており、あらゆる方に安心してお勧めできる健康食品です。


ラクトフェリンはたんぱく質の一種であり、人間の産後数日間の母乳に最も多く含まれている物質として知られていて、免疫力を高め、ウィルス性の病気やアトピー、口内炎、貧血の予防など、色々な病気に対して有効であるのでお勧めです。


ラクトフェリンの美容効果に関しては、解毒作用と鉄分を吸収する働きにより、高いアンチエイジング効果が期待でき、お肌の若返りと肌荒れの防止に非常に効果的であるということです。


またラクトフェリン配合の化粧品発売されており、肌荒れ改善や若返りなどに高い期待を寄せている人も多くなってきています。


さらにラクトフェリンはダイエットにも有効です。


ラクトフェリンによる体脂肪の新陳代謝の活性化や中性脂肪や血中コレステロールの分解、排出など、ダイエットなどにも十分効果的な期待が持てると思います。


ラクトフェリンの摂取に関しては、サプリメントから摂るのが一番望ましい問い思います。


摂取量に関しても各メーカの目安を守って飲めば問題ないと思いますし、副作用に関してもこれまで報告の事例がない事から心配は要らないと思われます。


サプリメントの値段が高いと感じられる方もおられるかと思いますが、美肌と健康にこれだけの効果が期待できるラクトフェリンであれば、値段相応の価値はあると感じますね。

ラクトフェリンのハードカプセル食品

(株)自然共生中部が販売しているラクトフェリン利用食品は、無添加で高純度のラクトフェリンを使用し、主要成分100%のハードカプセルタイプの健康食品です。


従来のソフトカプセルタイプは、主要成分が30%程度で残りの70%は油分であったことを考えるとハードカプセルタイプのラクトフェリンがいかに品質が高いかわかりますよね。


森永乳業製のラクトフェリンを原料とし、無添加製法で防腐剤や着色料、安定剤を一切使用してないので、高純度でどなたでも安心して召し上がれる食品となっています。


ラクトフェリンとは、今世界的に研究が進められている哺乳類の初乳、特に出産後3日経過した人間の母乳に最も多く含まれている、身体を守る様々な成分が含まれている物質で、マスコミでも注目されて話題となっています。


ラクトフェリンは、もともと人間の体内の液体、つまり乳や唾液などに含まれている天然成分ですので安全性に問題はなく、安心してお召し上がれます。


またラクトフェリンの原料がBSE(牛海綿状脳症)との関連についても、英国のBSE諮問委員会の実験の結果、牛乳や乳製品からは感染しないことがわかっており、農水省およびWHOにおいてもその安全性が認められています。


ラクトフェリンハードカプセルの召し上がり方としては、一日に2〜9カプセルが目安のようです。


毎日の健康維持と健康改善のためにラクトフェリンのハードカプセルタイプは如何でしょうか?

お肌のトラブルにラクトフェリン

女性にとってお肌のトラブルは一番避けたいものです。


お肌のくすみやかさつき、かかとのひび割れなど、寒い冬の季節は空気が乾燥してお肌がカサカサになるので、毎日のケアが欠かせませんよね。


これらの原因は角質のターンオーバー不足にあり、古い細胞と新しい細胞の入れ替えがうまく出来ずに皮膚に古い角質がいつまでも残っているからなのです。


ですから皮膚表面の古い角質を取り除くことが必要となってきます。


このような状態を角質硬化といいますが、角質硬化を予防するには保湿クリーム等が効果的とされています。


しかし長期間の使用により、皮膚自体が薄くなってしまったり、硬い角質の表面を削ってしまう事により皮膚を傷つけてしまうというリスクが伴います。


ですからこうした皮膚の表面だけのケアだけではなく、内側からケアすることも有効だと思われます。


そこで登場するのがラクトフェリンと呼ばれるタンパク質の健康食品です。


ラクトフェリンは角質ケアにも有効で、その3大作用として免疫力の強化、抗酸化、ストレス緩和・鎮痛などが挙げられ、活性酸素の増大を抑える働きがあります。


ラクトフェリンのこのような働きにより体の老化防止や免疫力増強、新陳代謝の活性化が期待でき、その結果ターンオーバーがうまくいくようになり、お肌の様々なトラブルにも有効に働きかけます。


ラクトフェリンを毎日摂取する事によって、角質が柔らかくなり明るく健康的なみずみずしいお肌に生まれ変わる体験者も増えて来ているようですので、ぜひラクトフェリンをお試されてみてはいかがですか?

ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンは、1939年に牛乳から発見された別目「免疫ミルク」と呼ばれているもので、出産3日以内の初乳に多く含まれており、健康維持のための免疫機能高める物質として今大きな注目を浴びています。


ラクトフェリンは鉄分を運び、腸からの鉄分吸収を強める効果などがあり、貧血の予防や改善に効果的とされています。


ラクトフェリンのその他の効果としてアレルギーの予防、ピロリ菌の抑制の効果があり、またC型肝炎の治療薬にも使われています。


では実際にラクトフェリンを日常生活の中でどうやって摂取したらよいか考えてみましょう。


ラクトフェリンは熱に弱いことがわかっています。ですから加熱殺菌をした乳製品からの摂取は殆ど無理だと思っていいでしょう。


しかし最近になって、ラクトフェリンの含まれた加熱乳製品も出てきているようですので、一概に摂取できないともいえません。


ラクトフェリンを摂取するのに一番お手軽なのは、栄養補助食品などのサプリメントから摂るのが望ましいかと思われます。


ラクトフェリンはペットなどにもその効果は有効で、人間だけではないようです。


貧血気味の方や胃の調子が悪い方、アレルギー体質、妊娠中の奥様や高齢者の方など、ラクトフェリンはいろいろな方にお勧めです。


特にアレルギーは現代病の中でも厄介な病気なので、苦しんでいる方は特にお勧めしたいですね。


ラクトフェリンの副作用についてですが、人間の体に存在している成分なので問題は無いということですが、乳製品アレルギーなどの、乳製品が合わない方は、医師に相談されてからのほうがよいと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。